ホーム ニュース

浸水許容の下水ポンプの使用のための注意

中国 Fuan Zhongzhi Pump Co., Ltd. 認証
中国 Fuan Zhongzhi Pump Co., Ltd. 認証
Zhongzhiはプロダクトの設計そして製造業の実際によいします。ベテラン エンジニアは素晴らしい私達を非常に整備します。

—— バディムZabiiaka

良質、大きい製造業者、私達はあなたのプロダクトと幸せです。

—— Mr.Reubenのkimwolo

3年ずっと間以上非常に専門協力しています。すべてのプロダクトは私達のタイプの装置でうまくはたらきます。ありがとう。

—— Mr.Yılmaz Türkoğlu

Zhongzhiの会社が私達のプロジェクトを滑らかに動かせることができるようにそれほどありがとう。

—— メフメットSefa KEÇİK

解決される技術的な問題評判は非常によいです。

—— Mr.ANTONIS GKANIS

オンラインです
会社 ニュース
浸水許容の下水ポンプの使用のための注意
最新の会社ニュース 浸水許容の下水ポンプの使用のための注意

浸水許容の下水ポンプの使用のための注意


次に浸水許容の下水ポンプは引き裂き、切れることができ下水の長い繊維、袋、ベルト、草、布および他の材料を排出し、次にそれを滑らかに排出する。従って、それは堅い固体および線維性の物質およびファウル、粘着性がある、および滑り易い液体を含んでいる液体を運ぶために特に適している。


浸水許容の下水ポンプを使用するための注意は何であるか。


ポンプが始まる前に、システムは修飾された電気技師によって次の電気保護手段が次の上のそれぞれに要求されることを保障するために点検されるべきである:


1. ポンプが動いている前に、モーターの段階および相対的な絶縁抵抗を点検するのに0~500 megohmmeterを使用しなさい。最低は2MΩより大きいべきである;


2. 電源の単位は安全、信頼できる、正常なべきである。電源の電圧および頻度は(電圧は380V±5%である、頻度は50Hz±1%である)規則を次、即時の電圧相違は10%を超過するべきではない。電源が水ポンプから遠くにあれば、ケーブルの横断面区域はより厚いべきである。接合箇所はできるだけ小さいべきである。さもなければ、電圧はあまりを落とし、ケーブルの接合箇所は漏出を防ぐために密封された防水べきである;


3. 記号「┴」は4中心ケーブルのグラウンド ワイヤー(通常緑および黄色い2色ワイヤーまたは黒いワイヤー)である。安全使用を保障することを、他のワイヤーより長い50mm固い地盤、;


4. 条件が割り当てるとき、電気防御装置は下記のものを含むかもしれない:いずれにしても基づいている保護装置、底漏れの現在の断続器、等、しかし、電気ポンプの評価される現在の値に続く遅溶けるヒューズを取付けなければならない;


5つはポンプの吸引の港にmoisture-proof区域に、電気制御装置井戸取付けられているべきであるケーブル置かれるべきであるmoisture-proofべきである;


6. 回転子の回転の方向を点検しなさい。


電気ポンプがはじめて始まったか、または再び取り付けられる後、回転の方向を点検するべきである。回転の方向が正しくなければ、ポンプ効率は減る、またはインペラーは落ち、ポンプを傷つける。


ポンプは最終的に取付けられている前に回転子の回転の方向を定めることを、持ち上がり、揺れるべきである。回転の方向は次の条件に従って正しい。さもなければ、それは回転の方向を変えるためにコントローラーの三相ラインのあらゆる2の位置を交換したら助ける。


a. ポンプの上から見て、回転子は右回りに回る;


b. 底(吸引の港のすなわち、方向)から調べて、刃は左回りに回る。

 

 

Fuan ZhongzhiポンプCo.、株式会社

 

商標「ZOZHI」を登録した。

 

加えなさい:No.155 Shangcun Qinxiyangの企業の地帯、Fuan都市、福建省、中国

Tel:+86 0593 6532656ファクシミリ:+86 0593 6531158

可動装置:+86.137.0604.0131電子メール:sales@zz-pump.com

ウェブサイト:www.zz-pump.com

www.electricmotorwaterpump.com

パブの時間 : 2019-05-23 10:02:28 >> ニュースのリスト
連絡先の詳細
Fuan Zhongzhi Pump Co., Ltd.

コンタクトパーソン: Ms. Semmy Wu

電話番号: 05936532656

ファックス: 86-0593-6531158

私達に直接お問い合わせを送信 (0 / 3000)